東側の畑作り

春になると畑仕事がしたくなってきて
家の東側砂利敷き部分を耕しました。

ブロックを買ってきてスペースを確保し、
造成地なので、がちがちになった地面を掘り返し、
ごろごろ出てくる石や粘土や瓦礫を石ふるいで撤去。

プールのように空っぽにしてから
剪定したハーブや雪柳の小枝・茶殻・椿の花ガラ・雑草・
生ごみ・米ぬか・発酵鶏糞など手当たり次第に入れ、
さらさらに振るった土を30cmほどかぶせました。

ホームセンターに行き、カラーピーマンやさつまいも等の苗購入。
ついでに虫除けになるかと思いガスレンジのカバーを5枚で230円。
じっくりと堆肥を作るために土嚢(のう)袋も購入。
なぜ奥のほうにタイヤがあるかというと移動させながら
座って石ふるいとか作業してたんですよ

画像


さて・・・・ミミズもいないぱさぱさの土ですがどうなることやら


"東側の畑作り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント